Art
            Vita
          In situ 
Text     
 


03. MARRY ME ! by Kimiko Yoshida, Actes Sud, 2003 – Solo Show, MAISON DES ARTS, Malakoff, 2003 – Japanese




幼年時代の傷心を逆説的に癒す

ある日、私は逃亡を決心しました。日本での私は死んだようなものでした。生きつずけるために、新たなる地を求めてフランスに辿り着きました。3歳の時、私の失敗に対して、毋は家を出てゆくようにと言うので、私は母の言葉のとうり、一緒に遊んでいた宝物を残らず箱に詰めて家を出ていきました。家の近くの良く知った公園で一夜を過ごし、明くる朝、警察に連れられて家まで無事保護されました。以来、私自身はノマド、放浪者、逃亡者、のように生きているようです。フランスに到着して以来、生まれたばかりの赤ちゃんが、言葉を覚えるように、フランス語を学びました。

æ–‡åŒ–ã®å¤‰æ›ã«ã‚ˆã£ã¦æ–°ãŸãªæ„ç¾©ã‚’è¦‹å‡ºã™ã¨å…±ã«ã€ãƒ•ãƒ©ãƒ³ã‚¹ã®æ€è€ƒæ§‹é€ ã¨è¨€èªžã«ã‚ˆã£ã¦è§£æ”¾ã•ã‚Œã€ã“ã†ã—ã¦ä»Šæ—¥ã€ã€Šæœªå©šã®èŠ±å«ã€‹å†™çœŸè£½ä½œã‚’å®Ÿç¾ã™ã‚‹ã«ã„ãŸã‚Šã¾ã—ãŸã€‚ã“ã®ã‚·ãƒªãƒ¼ã‚ºã«ãŠã„ã¦ã¯ã€å®¶ã®ã—ããŸã‚Šã«ã‚ˆã£ã¦æ±ºã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹çµå©šã®ã‚ã‚Šæ–¹ã¨æ—¥æœ¬äººå¥³æ€§ã®å¢ƒé‡ã‚’ã‚‚ã¨ã«ã€å¹¼å¹´æ™‚ä»£ã®çµå©šã«å¯¾ã‚‹ææ€–ã¨æã‚Œã‚’ã€é€†ã«ä¸»é¡Œã¨ã—ã¦è£½ä½œã™ã‚‹ã“ã¨ã§ã€æ–°ãŸã«çµå©šã®æ„å‘³ã‚’æŽ¢ã—ã ãã†ã¨ã—ã¦ã„ã¾ã™ã€‚8才の時、母は密かに彼女の結婚を話してくれました。私の両親の結婚は互いの親族同士で決められたもので、二人は結婚式の当日に初めて顔を合わせたということでした。そのショックは未だに忘れることはできません。

今日、悪魔祓い的とも言える形象を連鎖させることで、私は触れ得ぬ未婚の花嫁という、パラドックスに満ちた花嫁を具現化しますが、そのアイデンティティは、劇的であると同時に空想的であり、繊細かつ滑稽、そして矛盾に満ちたものです。私は東京でのモードの体験からさらに飛躍し、寡婦、宇宙飛行士、中国人、マンガのキャラクター、エジプト人と、変幻自在の未婚の花嫁の架空の結婚式を演出すべく、ほとんどモノクロームと言ってよい、多種多様のセルフポートレートを創り出しています(1)。

とめどなく活動する感覚の流れ

この自画像のシリーズは一連のアイデンティティ、つまり思考の連なりとして連鎖する多様な内省から成っています。言わば、とめどなく活動する感覚の流れであり、その中で生命は大気のごとく常に姿を変える。私はこの一連のイメージを、ジェイムス・ジョイスの『ユリシーズ』の、あの有名な《意識の流れ》にも通じる内的独白という方法で提示したかったのです。意識の流れにおいてこそ、主観の時空が具体化されるのです。

æ™‚ç©ºã®æ¦‚å¿µã¯æ—¥æœ¬ã®ç¾Žå­¦ã«ãŠã„ã¦é‡è¦ãªä½ç½®ã‚’å ã‚ã¦ãŠã‚Šã€ã€Šé–“ã€‹ã¨ã„ã†æ¦‚å¿µã‚’ç”Ÿã¿å‡ºã—ã¦ã„ã¾ã™ã€‚ã‚¸ãƒ§ã‚¤ã‚¹ã®å°èª¬ã§ã€ãƒ•ãƒ¬ãƒ¼ã‚ºã®çµ¶ãˆé–“ãªã„ç¶™èµ·ãŒæ€è€ƒã®é€šã‚Šã‚’ã‚ˆãã™ã‚‹é¢¨ç©´ã‚’å¤šãç©¿ã¤ã‚ˆã†ã«ã€ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã®é€£éŽ–ã¯æ„å‘³ã¨ã‚¢ã‚¤ãƒ‡ãƒ³ãƒ†ã‚£ãƒ†ã‚£ã®æµ¸é€æ€§ã‚’å¢—å¤§ã•ã›ã€ä¸»è¦³ã®æµã‚Œã‚‹ã€Šé–“ã€‹ã‚’æµ®ã‹ã³ä¸ŠãŒã‚‰ã›ã¦ãã‚Œã¾ã™ã€‚

私の探求は、思考の統一化ないし自己同一化を目指すというよりむしろ、私の関心、直感の拡大を促そうとするもので、人生同様芸術においても自由であろうとするのがねらいです。例えば、私は状況に応じて、日本料理も作れば、中華料理、田舎料理、ボルドー、イタリア料理も作ります。これと同様に、私は連続して継起する想念、もしくは同時に多発する想念を展開しているのです。

ものの有限性と精神の触れ得ぬ眼差し

ほとんどの写真で未婚の花嫁はベールに覆われています。婚礼前には花嫁となる者を人目から避けるためのこのベールは、その瞬間にはまだ結婚が完遂されていないという証しです。やがて確実にそれが取り除かれるということを物語ってもいます。今にも取り除かれようとするその瞬間に、薄い膜でしかないベールは、未完遂、期待、さらにはタブーの念をも呼び起こします。また、一体感、繊細なエロティシズム、つかの間の誘惑を表し、事物の有限性をも物語っています。このように、多くの文化に共通する結婚におけるベールは、単なる処女性のメタファー以上のものがあります。つまり、消滅のシンボル、潜在性と不可侵性の証しでもあるのです。

å±æ©Ÿã«ç€•ã—ãŸè‡ªå·±ã®å†ç”Ÿã€é€ƒã’åŽ»ã‚‹å¹¼å¹´æ™‚ä»£ã€å¤±ã‚ã‚ŒãŸæ™‚ã®è¿½æ±‚ã‚’è¶…ãˆã¦ã€ç§ã®ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã¯ä¸å¯è¦–ã®å­˜åœ¨ã«å¯è¦–ã®è¡¨ç¾ã‚’ä¸Žãˆã¾ã™ã€‚è¦‹ãˆã‚‹ã‚‚ã®ã¨è¦‹ãˆã–ã‚‹ã‚‚ã®ã€å‡ºç¾ã¨æ¶ˆæ»…ã€è¦‹ã‹ã‘ã¨ç„¡åŒ–ã¨ã®ç‹­é–“ã§ã€è‡ªã‚‰ã®è‡ªç”»åƒã‚’å˜è‰²åŒ–ã—ã¦ã‚†ãã“ã¨ã€‚ãã†ã—ãŸæ–¹å‘æ€§ã«ã‚ˆã‚Šç§ã¯ç²¾ç¥žã®è§¦ã‚Œå¾—ã¬çœ¼å·®ã—ã‚’ç¤ºãã†ã¨ã—ã¦ã„ã‚‹ã®ã§ã™ã€‚ãã‚Œã«ã¯ã€ç¦…ã®ã€Œå±±ã¯å±±ã®ã”ã¨ã—ã€‚ã€ã¨ã„ã†æ ¼è¨€ãŒå¿µé ­ã«ã‚ã‚Šã¾ã™ã€‚ç¦…ã®æ…£ç¿’ã«ã‚ˆã‚Šä¿®è¡Œè€…ã¯å±±ã‚’å‰ã«åº§ç¦…ã‚’çµ„ã¿ã¾ã™ã€‚çž‘æƒ³ã®ç¬¬ä¸€æ®µéšŽã§å±±ã¯æ¶ˆãˆã¾ã™ã€‚ã•ã‚‰ã«ä¸Šã®æ®µéšŽã«é€²ã‚€ã¨ã€å±±ãŒå†ã³ç¾ã‚Œã‚‹ã¨ã„ã„ã¾ã™ã€‚ã“ã®çž¬é–“ã“ãã€é€šå¸¸ã®é™ç•Œã‹ã‚‰è§£æ”¾ã•ã‚ŒãŸå­˜åœ¨ãŒå¤–ç•Œã¨ä¸€ä½“åŒ–ã™ã‚‹çž¬é–“ã§ã¯ãªã„ã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚

色彩と時間の無限

å˜è‰²ã®ä¸–ç•Œã‚’å¸Œæ±‚ã™ã‚‹ã“ã¨ã«ã‚ˆã£ã¦ã€è‰²å½©ã®é ˜åŸŸã¯ç‹­ããªã‚‹ã©ã“ã‚ã‹ã€ç„¡é™ã®æ„Ÿè¦šãŒé–‹ã‹ã‚Œã¾ã™ã€‚å˜è‰²ã®ãƒ´ã‚¡ãƒªã‚¨ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³ãŒå¹¾å±¤ã«ã‚‚æ¸¡ã‚Šç„¡é™ã«é‡ãªã‚Šåˆã†ãƒ¢ãƒŽã‚¯ãƒ­ãƒ¼ãƒ ã®ä¸–ç•Œã‹ã‚‰ã¯ã€ç›®ã§è¿½ã£ã¦ã‚‚è­˜åˆ¥ä¸å¯èƒ½ãªç„¡é™ã®è‰²å½©ãŒæµ®ä¸Šã—ã¾ã™ã€‚ã‚€ã—ã‚å¤šè‰²ã‹ã‚‰æˆã‚‹ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã®ã»ã†ãŒã€è‰²ã®æ•°ã¯è­˜åˆ¥ã—ã‚„ã™ãã€é™å®šã•ã‚ŒãŒã¡ã§ã™ã€‚ä¸€æ–¹ã€ãƒ¢ãƒŽã‚¯ãƒ­ãƒ¼ãƒ ã®ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã¯è‰²å½©ã®ç„¡é™ã‚’è§£ãæ”¾ã¡ã¾ã™ã€‚ãã—ã¦ã€ã“ã®è‰²å½©ã®ç„¡é™ã¯æ™‚é–“çš„ç„¡é™ã§ã‚‚ã‚ã‚Šã¾ã™ã€‚ä¸€è‰²ã‹ã‚‰ç”Ÿã¾ã‚Œã‚‹æŽ§ãˆã‚ãªè‰²èª¿ã®ç„¡é™ã€ãã‚Œã‚’éš›é™ãªãå‡è¦–ã—ã¤ã¤ã‚‚ã€çœ¼å·®ã—ã¯ã„ã¤ã¾ã§ãŸã£ã¦ã‚‚ä½•ã‹ã‚’å‘³ã‚ã„å°½ãã—ã¦ã—ã¾ã†ã“ã¨ã¯ãªã„ã€‚ãƒ¢ãƒŽã‚¯ãƒ­ãƒ¼ãƒ ã®ä¸–ç•Œã¯ãã‚Œã‚’è¦‹ã¤ã‚ã‚‹çœ¼å·®ã—ã‚’ç„¡é™ã«ã‚¨ãƒ­ã‚¹åŒ–ã—ã¾ã™ã€‚ã“ã‚Œã¯æŒç¶šã®ç´”ç²‹å½¢è±¡ã§ã‚ã‚Šã€ãã“ã§ã¯ã©ã‚“ãªã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã‚‚ã€ã¾ãŸã©ã‚“ãªç‰©èªžã‚‚è§£ä½“ã•ã‚Œã€æ¶ˆãˆåŽ»ã£ã¦ã„ã¾ã™ã€‚è‰²å½©ã®ç„¡é™ã‚’å‰ã«çœ¼å·®ã—ã¯ã€æ™‚ã®ç„¡é™ã«å‘ã‹ã£ã¦é–‹ã‹ã‚Œã¦ã„ã‚‹ã¨è¨€ã£ã¦ã‚ˆã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã‚’æ§‹æˆã™ã‚‹ã¨åŒæ™‚ã«ãã‚Œã‚’ä¸å®Œå…¨ãªã‚‚ã®ã«ã‚‚ã—ã¦ã„ã‚‹ãƒ¢ãƒŽã‚¯ãƒ­ãƒ¼ãƒ ã®ä½œå“ã§ã™ãŒã€å½¢è±¡ã¯ãã®å˜è‰²ã®ä¸–ç•Œã«æº¶è§£ã—ã¦ã‚†ãå‚¾å‘ã«ã‚ã‚Šã¾ã™ã€‚å˜è‰²ã®ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã‚’æ±‚ã‚ã‚‹ã“ã¨ã¯ã€è‡ªå·±ã®ç›¸æ¬¡ãçž¬é–“ã«ã¤ã„ã¦å†…çœã™ã‚‹ã“ã¨ã§ã‚‚ã‚ã‚Šã¾ã™ã€‚é–“æŽ¥çš„ã§éžå¸¸ã«æŸ”ã‚‰ã‹ãªé™°ç¿³ã«æ”¯ãˆã‚‰ã‚Œã¦ã„ã‚‹ç§ã®å†™çœŸã§ã¯ã€å˜ä¸€ã®è‰²å½©ãŒã€æ°´é¢ã‚’æãæ°´å½©ç”»ã®ã‚¿ãƒƒãƒã®ã‚ˆã†ã«æ¼‚ã„ã¾ã™ã€‚ä¸»è¦³ã®æµ¸é€æ€§ãŒæ´»ç™ºã«ãªã‚‹å ´ã§ã‚‚ã‚ã‚‹ã€å¤‰å¹»è‡ªåœ¨ã®æ„Ÿè¦šãŒã€ã“ã®å˜è‰²ã«ã‚ˆã£ã¦è¡¨ç¾ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ã®ã§ã™ã€‚ã“ã‚Œã¯ã€ç§ã®ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã‚’å†æµ®ä¸Šã•ã›ã‚‹ã“ã¨ã«ã‚ˆã‚Šç§ã‚’æ¶ˆã—åŽ»ã‚ã†ã¨ã™ã‚‹ã€ã²ã¨ã¤ã®æŽ¢æ±‚ã§ã‚ã‚Šã¾ã™ã€‚

欲望それ自体に無縁な欲望——このパラドックスを前面に打ち出した、これら《触れ得ぬ花嫁たち》、未婚の花嫁たちはそもそも矛盾に満ちていますが、私の個展のタイトルとなっている《MARRYME!》の現実離れした命令句により、矛盾の意味合いは一層強まります。モノクロームの世界でこそ、半透明、非物質、あるいは触れ得ぬものの意味が明らかになるのですが、こうした単色の世界を視野に入れつつ、私の自画像のそれぞれは、出現と消滅のイメージとして明滅します。

イメージの彼岸をもくろむこのパラドックスに富んだ表象はその都度、不可能、無力、不安定の表象として現れます。この不完全性効果こそが、イメージの究極の意義を彼岸へと導くのです。

アイデンテイテイの複合と分離

ç§ã¯æœ€è¿‘ã€ã‚ªãƒ¼ãƒˆãƒãƒ¼ãƒˆãƒ¬ãƒ¼ãƒˆã®æ–°ã—ã„æ‰‹æ³•ã‚’å®Ÿè·µã—ã¾ã—ãŸã€‚ãã‚Œã¯ã‚ªãƒ¼ãƒˆãƒ¬ãƒªãƒ¼ãƒ•ã¨è¨€ã†ã¹ãã‚‚ã®ã§ã€ç§è‡ªèº«ã®é¡”ãŒã€ã‚‚ã†ä¸€ã¤ã®é¡”ã‚’æ˜ ã—å‡ºã™ãŸã‚ã®å°ç´™ã®å½¹ç›®ã‚’æžœãŸã™ã¨ã„ã†ã€ãƒ–ãƒ©ã‚¤ãƒ³ãƒ‰ãƒŸãƒ©ãƒ¼ã®ä»•çµ„ã¿ã«ãªã£ã¦ã„ã¾ã™ã€‚ã¾ãšã€é¡”ã®åž‹å–ã‚Šã®å¾Œã€ç™½æ¨¹è„‚ã‚’æµã—ã“ã¿é¡”ã®ã‚ªãƒ–ã‚¸ã‚§ã‚’è£½ä½œã—ã¾ã™ã€‚ãã®è¡¨é¢ã«ã‚¹ãƒ©ã‚¤ãƒ‰ã«ã‚ˆã£ã¦æŠ•å½±ã•ã‚Œã‚‹è‰²å½©ãŒã€çµµã‚’æãã‹ã®ã‚ˆã†ã«ãã®é¡”ã«è¦†ã„ã‹ã¶ã•ã‚‹ã¨ã„ã†ã‚‚ã®ã§ã™ã€‚å†™çœŸæŠ•å½±ã®å…‰ã«ã‚ˆã£ã¦ã†ã¿ã ã•ã‚Œã‚‹ç²’å­ã®çš®è†šã®è³ªæ„ŸãŒã€ç§ã®ç«‹ä½“ã®é¡”ã‚’åŒ…ã¿è¾¼ã¿ã¾ã™ã€‚ç«‹ä½“ã¨æ˜ åƒã«ã‚ˆã‚‹äºŒã¤ã®é¡”ã¯ã€ãƒ€ã‚¤ãƒ¬ã‚¯ãƒˆã«é‡ãªã‚Šåˆã†ã€‚ã“ã‚Œã‚‰ã¯åŒã˜é¡”ã‚’è¡¨ã—ã¦ã¯ã„ã‚‹ãŒã€ãƒ ãƒ©ãƒ¼ã‚¸ãƒ¥ã®é¡”ã¨ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã®é¡”ã¨ã„ã†æœ¬è³ªçš„ãªé•ã„ãŒã‚ã‚Šã¾ã™ã€‚

ã“ã®äºŒã¤ã®é¡”ã‚’è¦‹ã‚‹è€…ã¯ã€åŒã˜é¡”ã§ã‚‚ç«‹ä½“ã¨æ˜ åƒã¨ã„ã†æ±ºå®šçš„ãªé•ã„ã‚’è¦‹å‡ºã™ã¯ãšã§ã™ã€‚å½«åƒã®ä¸Šã«é‡ãªã£ãŸå†™çœŸã€é¡”ã®ä¸Šã«é‡ãªã£ãŸé¡”ã¯ã€ãã‚Šè¿”ã™ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã®æ­“å–œã«æº€ã¡æº¢ã‚Œã¦ã„ã¾ã™ãŒã€ãã†ã—ãŸæ€§è³ªã‚’ã‚‚è¶…ãˆã¦ã€ä»–ã®è‡ªç”»åƒï¼ˆè§¦ã‚Œå¾—ã¬èŠ±å«ï¼‰ã¨åŒæ§˜ã€ã“ã®é¡ã®ä»•çµ„ã¿ã«æ›–æ˜§ã§åˆ¤ç„¶ã¨ã—ãªã„ç„¡éŸ³ã®é‡ã€…ã—ã•ã‚’è¦‹ã¦ã¨ã‚Šã¾ã™ã€‚

ã“ã®ã‚¹ãƒ©ã‚¤ãƒ‰ã¨ãƒ¬ãƒªãƒ¼ãƒ•ã®é‡ã­åˆã‚ã›ã«ã‚ˆã‚Šã€ã©ã‚“ãªå½¢è±¡ã‚‚ãã‚Œè‡ªä½“ãŒåˆ†è£‚ã—ã¦ã„ã‚‹ã¨ã„ã†ã€æ§‹é€ ä¸Šã®åˆ†è£‚ãŒæµ®ãå½«ã‚Šã«ãªã‚Šã¾ã™ã€‚å˜ã«ã€ãƒ¬ãƒªãƒ¼ãƒ•ã®ä¸Šã«ã‚¹ãƒ©ã‚¤ãƒ‰ã®æ˜ åƒãŒåŠ ãˆã‚‰ã‚ŒãŸã ã‘ã§ãªãã€ã“ã®ä»•çµ„ã¿ã«ãŠã„ã¦ã¯ã€åˆä¸€æ€§ã¨åˆ†é›¢ã¨ã„ã†å¯¾æ¥µã™ã‚‹äºŒã¤ã®è¦ç´ ãŒé‡ãªã‚Šåˆã£ã¦ã„ã‚‹ã®ã§ã™ã€‚

ç§ã®è‡ªç”»åƒã®äºŒã¤ã®é¡”ã¯ã€æŽ¥è¿‘ã—ã¦ã„ã‚‹ã¨åŒæ™‚ã«é›¢ã‚Œã¦ãŠã‚Šã€ãã®è¿‘ã•ã‚†ãˆã«è¦ªå¯†ã«ä¹–é›¢ã—ã€ç›¸å®¹ã‚Œãªã„ã€‚ç«‹ä½“ã¨ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã¨ã„ã†äºŒã¤ã®é¡”ã®å®Œå…¨ãªåŒä¸€åŒ–ã‚’ç¦ãšã‚‹ã“ã®éš”ãŸã‚Šã‚†ãˆã«ã€ä¹–é›¢ã¨æŽ¥è¿‘ãŒå¯¾å³™ã™ã‚‹ã€‚çœ¼å·®ã—ã¨ãã®å¯¾è±¡ã®é–“ã«ã‚ã‚‹åŸ‹ã‚ã‚‹ã“ã¨ã®ã§ããªã„ã“ã®æºã€‚ã‚ã‚‰ã‚†ã‚‹è¡¨è±¡ã®æ„ç¾©ãŒè¦‹ãˆéš ã‚Œã™ã‚‹ã‚¤ãƒ¡ãƒ¼ã‚¸ã®å½¼å²¸ã‚’ç‰©èªžã‚‹ã“ã®æ·±æ·µã€‚ã“ã“ã«æµ®ä¸Šã™ã‚‹æ›–æ˜§ã•ã¯ã€ã“ã†ã—ãŸåº•ãªã—ã®ç©ºéš™ã‹ã‚‰ç”Ÿã¾ã‚Œã‚‹ã®ã§ã™ã€‚

何はともあれ、私は一種の不安とともに自らの自画像を、ひとつの純粋なイメージとして、つまり、意味を超越した魅惑的で恐ろしい力として見つめています。

   

(訳:近藤磨郎、著者)

註(1)
銀塩ペーパーに焼かれたこのフォトシリーズは、カメラはハッセルブラッド、フィルムはタングステン用スライドフィルム(6×6)、フィルターは使わず、タングステン用電球による照明で撮影されている。よって、色彩は撮影の際の自然な状況に応じている。《触れ得ぬ花嫁》というタイトルの下でシリーズとして制作されたこの作品の数も、今では60にも上っている。最新作では、ダイヤモンドの20ä¸–ç´€åˆé ­ã®ãƒ†ã‚¤ã‚¢ãƒ©ã¯ã‚«ãƒ«ãƒã‚¨ã‚ˆã‚Šã€ã‚¢ãƒ³ãƒˆãƒ¯ãƒ¼ãƒŒãƒ»ãƒ‰ãƒ»ã‚¬ãƒ«ãƒ™ãƒ¼ãƒ«ãƒ»ã‚³ãƒ¬ã‚¯ã‚·ãƒ§ãƒ³ã‚ˆã‚Šã€äº”å¤§é™¸ã®ã•ã¾ã–ã¾ãªæ°‘æ—ã®ã€å¤ã„é ­å·¾ãªã©ã€ã‹ã¶ã‚Šç‰©ã®é¡žã‚’ç™»å ´ã•ã›ã¦ã„ã‚‹ã€‚ã€€